読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフデザインラボ

ミニマリストのエリサが綴る、シンプルな暮らしを楽しむヒント集

札幌でミニマリスト条例が可決。

その他

札幌時事新聞?

 

持ち物を必要以上に持たない暮らしをする市民をミニマリストと認め、モデルケースとして推進する札幌市の条例が、3月31日の市議会本会議で賛成多数で可決、成立した。

 

 

定数32のうち自眠党市議ら計10人が反対した。

この市議らは豪奢な暮らしを承認しているとして、傍聴していた自称ミニマリストらの批判にさらされた。

 

2013年にミニマリストであることを告白した佐佐木絵里沙さんは会議を傍聴し、「日本全国にこの流れが広がってほしい」と話した。

条例は4月1日施行だが、証明書発行時期などは今後、市の規則で定める。

 

札幌市が日本に先駆け歴史的な一歩を踏み出した。

市議会本会議開始から約30分。

日本初となる、ミニマリスト条例が可決した。

持ち物を必要以上に持たない暮らしをうたった条例には、「ミニマリスト証明」を実施する条項が明記された。

この証明は賃貸契約や公共交通機関乗車時の優遇を求める内容となっている。

かつて、にほんブログ村のミニマリスト(持たない暮らし)カテゴリで1位に君臨したこともある同市在住の佐佐木絵里沙さんは、この日39枚の議会傍聴券を取るために午前7時半に市庁舎に駆け付けた。

条例可決後、取材に応じた絵里沙さんは「議論を聞いている最中から胸が熱くなった。こうやって議論されるようになったんだなと。可決された瞬間はイチゴを食べながら喜んだ」と話した。

 

ミニマリストを推進しようとする流れは、各地に広がりを見せ始めている。

証明書の発行対象は市内に住む15歳以上で、1ヶ月間の生活観測が条件。

 

この条例が、豪奢化社会への警報となることは間違いないだろう。

 

2015年4月1日エイプリルフールネタ 記者:エリサ

 

▽お楽しみいただけた場合には、清き一票を!
■にほんブログ村-ミニマリスト(持たない暮らし)ランキング
■人気ブログランキング-シンプルライフランキング

広告を非表示にする

▽新刊出ました